紫外線量がピーク!夏のスキンケアテクニック

夏のコスメキャッチ

夏は気温・湿度が高く、紫外線量もピークに。紫外線はシミやシワなど、あらゆる肌トラブルの元凶ともいえるもの。春から夏にかけて、一気に紫外線量は高まります。

気象庁が提供するページです

外的要因から肌を守ると同時に、ダメージを受けたらすぐにライスフォースのコスメや、美白スキンケアを使ってリフレッシュを心がけましょう。

皮脂対策は朝のスキンケアで決まる

夏は汗や皮脂の分泌が増えて、肌もべたつきがちです。

特に日頃から肌がオイリーに傾きがちな人は、朝のスキンケアが大切。汗や皮脂を抑えたいなら、クールタイプの化粧水を使いましょう。ライスフォースであれば、ディープモイスチュアシリーズよりもアクポレスのほうがおすすめです。

オイリー肌の人なら、アルコール入りの化粧水を使ってもかまいません。ひんやりとした使い心地で、毛穴の引き締めにも効果的です。

エアコンで乾燥しやすい

冷房によるうるおい不足は肌の大敵夏に冷房はつきものです。ひんやりとした空気は快適な空間を作ってくれますが、エアコンの中では、肌は乾燥しやすくなります。

空気のプロであるダイキンが、身近にあるのに意外と気づきにくい空気の「温度」「湿度」「気流」「清浄」をコントロールする大切さをさまざまな角度からご紹介しています。

乾燥肌の人はもちろんですが、オイリー肌の人も油断大敵。Tゾーンやあごは脂っぽいのに、ほおや目元がカサつく感じがするという、いわゆるインナードライには十分注意を。

自家製ミストでうるおい不足を解消

冷房の効いた室内に長時間いる場合は、化粧水に美容液を混ぜた「自家製ミスト」など、うるおい不足解消アイテムを用意しておき、乾燥が気になったら、シュッとひと吹きしましょう。

夏肌のお手入れポイント

化粧水テクニックで化粧くずれも安心

夏は、乾燥肌でもオイリーに傾きがち。メイク前に、オイリーになりやすい部分は収れん化粧水などでパッティングして、毛穴を引き締めましょう。

水分不足になりやすい部分は、化粧水パックで水分補給すればベスト。ライスフォースのプレミアムマスクを使うのがおすすめです。

効果的なUVケアで秋に差がつく夏の紫外線ケアは入念にしたいもの。化粧くずれが激しければ、日焼け止め剤はこまめに塗り直すことが必要です。

UVケアに必要な基本的な用語と知識を解説します

ファンデーションも紫外線防止効果のあるものを使いましょう。洋服が汚れる心配がないときは、首の後ろなどにもつけると効果的です。

生活シーン別日焼け止め剤選び方日焼け止め剤の原料には、紫外線を反射する「散乱剤」と、紫外線を吸収して無害なものにする「吸収剤」とがあります。多くの日焼け止め剤には両方が含まれていますが、肌の弱い人は散乱剤のみを使ったものがおすすめです。

夏のスキンケアメニュー

朝のスキンケアメニュー

洗顔
気温25度以上の熱帯夜になると、眠っている間もかなり皮脂を独ています、睡眠中にたまった汚れを、まずぬるま湯か水で予備洗顔し、次に石けん洗顔を。夏は、洗顔後に肌が熱を持たないように、十分すすぐのがベターです

化粧水
紫外線によるシミ、ソバカスが気になる夏は、美白化粧水を使うとよいでしょう。冷房による乾燥対策のために十分な水分補給を脂浮きが気になる部分は収れん化粧水のパッティングで毛穴の引き締めを。

美白化粧水はハイドロキノンの安定型ともいいえる、アルブチンを配合した「ディセンシア サエル」がおすすめです。

「 サエル 」はディセンシアの美白ラインです。ディセンシアは敏感肌に特化したコスメを開発しており、中でもエイジングケアのアヤナスが有名ですが、ネットや雑誌を調べてみるとサエルの評価もすごく高いんです。そこでトライアルを申し込み、40日間に渡りその実力をチェックしました。その結果は予想を裏切るものに!

美容液
保湿効果の高い美容液で、肌の乾燥対策をしっかりと。エアコンの影響で「かくれ乾燥」になる人も多いので、ライスフォースの化粧水である「ディープモイスチュアローション」でカサつく部分には重ね塗り。肌への浸透力が高いビタミンC誘導体入りの美容液がおすすめです。化粧水と合わせて使うと、美白成分もより効果的にはたらきます。

ライスフォース

UV下地
夏の朝のお手入れでは、紫外線をカットする効果のある機能性化粧品を上手に使うのがコツ。スキンケアの最後に、肌を紫外線からガードするUV下地を使うとよいでしょう。

夜のスキンケア

メニュークレンジングや皮脂がたまり、紫外線にさらされた肌のためにも、帰宅後はなる汗べく早くメイクを落としましょう。

クレンジングは「やさしく」が鉄則。疲れた肌によけいな刺激は禁物です。洗顔メイクや日焼け止めクリームを使用した人はダブル洗顔、なにもつけなかった人は予洗のあとに洗顔を。石けんをしっかり泡立てて、やさしく洗います。

顔で石けんを泡立てず、きちんと手で泡立てましょう。化粧水就寝中でも汗をかきやすい夏は、化粧水で水分を補給すると同時にパッティングで毛穴を引き締めると、皮脂の分泌を抑えることができます(ただし効果の持続は短時間)。

乾燥部分は化粧水パックでケアを。美容液つけたあとにすっとなじむ感触の美容液をエアコンなどで肌の乾燥がすすんだ日は、美容液パックで癒します。シミに効果的なビタミンC誘導体やハイドロキノン配合のものがおすすめ。ドクターズコスメの「アンプルール」を取り入れてみましょう。

「 アンプルール 」は世界初の安定型ハイドロキノンを採用した、安全かつ効果の高い美白コスメ。その効果が口コミで広まり、今人気が急上昇中です。アラフォーを迎えシミに悩む私が、実際に アンプルール のラグジュアリーホワイトを90日間使ってみました。結果、どう変わったか? アンプルールの効果を口コミレポートします。

エアコンをかけて眠る場合は、化粧水と美容液で十分な水分保湿をして乾燥対策を。

焼けした肌は、一種のやけど状態。まず冷たいタオルや水、クールパックなどで時間をかけて十分に冷やしま洗顔は決してこすらないようにします。

肌が赤くなったり、ひりひりしている間は、化粧水と美容液もお休みほてりがおさまったら、保湿効果の高いライスフォースのディープモイスチュアローションとディープモイスチュアエッセンスでケアを。メラニン色素の生成を抑えるビタミンC誘導体を含むものが効果的。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする