とにかく保湿が肝心!冬のスキンケアテクニック

冬のコスメキャッチ

空気が乾燥して寒さの厳しい冬は、肌にはとてもつらい季節。肌を乾燥させない十分な保湿ケアできれいな肌を保ちましょう。

早めの保湿ケアで肌のうるおいをキープ

冬の肌は、屋外の冷たい風にさらされたうえに、室内の暖房で水分が蒸発してしまうために、とても乾燥しやすくなります。この状態が続くと、新陳代謝のリズムも悪くなって、シミやシワなどのトラブルが発生しやすくなります。

冬のお手入れでの最大のポイントは、保湿。たとえオイリー肌でも、脂はあっても水分不足の乾燥傾向があります。ライスフォースでしっかり保湿ケアしましょう。

ほおや目と口の周囲は部分乾燥することが多いので、どんな肌タイプの人も油断できません。一日中、肌にうるおいをキープしておくことが、冬のスキンケアの基本なのです。

スキンケアでは化粧水を基本に美容液、乳液を組み合わせていきましょう。化粧水には様々な種類があるので、オルビス 化粧水 比較などのサイトで比較するとよいでしょう。

オルビスにはアクアフォースやオルビスユー、クリア等など各ラインごとに化粧水が存在します。その中で最も良い化粧水はどれなのか? そんな疑問を持ったので、それぞれの化粧水を実際に試して採点。ランキングしてみました。

ほかの季節にくらべて紫外線(UV-B)は少なくなりますが、シミなどを予防したいなら、できれば冬も含めて、年間を通じたUVケアを行いたいものです。地道なケアが、肌の老化やトラブル防止にもつながります。

 紫外線が肌に悪い、というのはなんとなくわかっているけれど、どうして悪いのか、きちんと理解している人はどれだけいるでしょうか? 紫外線には「UVA」と「UVB」がありますが、シミの原因となるのは「UVB」。でももっと怖いのが「UVA」なのです。■「ケ…
冬は肌を乾燥から守る保湿ケアが大切。UVケアでは、SPF値の高いものは肌を乾燥させるので要注意。

冬肌のお手入れポイント

洗顔時のお湯の温度に気をつけて

寒い冬は、洗顔時のすすぎの温度も高くなりがち。熱めのお湯で洗顔すると、細胞間脂質や天然保湿成分(NMF)が流れやすくなります。お湯の温度は40度くらいがよいでしょう。温度が高いとヒートショックの原因にもなります。

また、面倒だからといって洗顔で手を抜くと、顔にある皮脂や脂分が酸化して過酸化脂質となり、肌の老化につながるので注意。

手を温めると効果アップ

寒い時期は血行が悪くなり、手足が冷たくなることがあります。冷たい手ではクレンジング剤が汚れになじみにくくなりますし、マッサージの効果もあがりません。お湯などで手を温めてからスタートすると効果的です。

血行のしくみ。眼精疲労・肩こり・腰痛を考えるナボリン倶楽部は、あなたの目の疲れ・肩こり・腰痛の症状にあったふさわしい対処法や、症状・原因などもご紹介します

ライスフォースパックでシールド

乾燥がひどい部分には、ライスフォースの化粧水をつけたあと、美容液や乳液をつけ、キッチン用のラップを適度な大きさに切ってかぶせま5分ほどしてからはがせば、保湿が格段にアップします。

冬のスキンケアメニュー

朝のスキンケアメニュー

洗顔
冬は乾燥が気になりますが洗浄力が弱いマイルドな洗顔を使うのは逆効果。脂分の汚れが残ると過酸化脂質となり、肌の老化をすすめます。また、油膜が一枚肌に残ることにより、あとの化粧水が浸透しにくくなり、みずみずしい肌にできません。冬もていねいな洗顔を、

化粧水
保湿効果の高い化粧水で水分補給を。小鼻の横や目元といった部分は、コットンや指先を使って、ていねいに重ねづけしますがカきやすい口角も、指でそっと押さえて、うるおい補給を忘れずに。

美容液
顔全体になじませます。乾燥がひどい部分には重ねづけが効凱この時期も美白美容液でのお手入れを続けると、肌の透明感もアップ。医薬部外品など保湿有効成分のある製品をつかいましょう。

乳液
美容液をたっぷり使っても、肌が乾燥して化粧のりが悪いときは、乳液をつけます。ファンデーションなどが密着して、ムラのないメイクが完成。メイクをしない日は、紫外線防止効果のある乳液やUVクリームを使うと美白に役立ちます。ニキビのある人は、つけすぎなどに気をつけて。

ニキビのケア方法はこちらを参考に。

スキンケアや食生活に気を使っているはずなのに、肌に出て来てしまうのがニキビ。痛みがあるのに加え、見栄えが悪いので一刻も早く治したいですよね。 ここではニキビを本気でなくしたい人のために、ニキビケアの最新治療法をまとめまし...

夜のスキンケアメニュー

クレンジング
帰宅したら、早めのクレンジングで肌の負担を取り除きましょう。クレンジング剤を手のひらで温めてから使うと、汚れが落ちやすくなります。クレンジング後のケアをお風呂で行うのも効果的。

洗顔
洗顔がいいかげんで汚れが落ちなくても、洗いすぎても、肌は乾燥しやすくなります。正しい洗顔をやさしくていねいに行い、メイクや余分な皮脂をきれいに洗い流します。メイクをしなかった日も、きちんと石けん洗顔を。

化粧水
乾燥した肌に最適なのは、ヒアルロン酸が配合された化粧水。表面がカサついて化粧水がなじみにくいときは、化粧水パックで保湿力を高めます。シミが気になる人は、ビタミンC誘導体を配合した美白化粧水を使うと効果的です。

美容液
冬は、夏よりやや多めに美容液を使います。まず顔全体にのばしてから、目元やほお、口元など、乾燥しやすい部分につけ足していきます。乾燥が気になる日は、重ね塗りをすると効果的です。ここではライスフォースのディープモイスチュアローションがおすすめです。

ライスフォース の化粧品は芸能人の愛用者が多く、 口コミの評判も悪くないのですが、実際の効果はどうなの?と気になりトライアルから使い始めました。365日間経過した今、肌がどう変化したか? 長期間使ったからこそ分かった、ライスフォース化粧品の使用感を口コミします。

冬の乾燥をしっかり防ぐことは、肌の老化やシミ、シワを予防し、肌の若さを保つことにつながります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする